バイナリーオプション必勝法!コレなら勝てる虎の巻

バイナリーオプション必勝法!コレなら勝てる虎の巻

注目の投資商品、バイナリーオプション

最近、トレーダーの間で注目を集めている金融商品があります。
それが、バイナリーオプションです。
仕組みがシンプルで分かりやすい上、少額からでも投資ができ、また、あらかじめ損失額が分かっているためリスク管理もしやすい金融商品として、人気があります。

 

バイナリーオプションとは、簡単に説明すると、「ある条件Aを設定し、その条件を満たすか満たさないか」を予想する商品です。
バイナリー(2値)オプション(選択)という名前のとおりですね。

 

バイナリーオプションでは、あくまでも予想が当るか、外れるかによって結果が決まります。
通常の株式投資やFXでは、値動きを予想し、動いた値幅に応じて利益や損失が決まります。
しかしこの商品は、当れば100、外れれば0というオールオアナッシング。
得られる利益も損失も最初に決められていた通りなので、自分の予想を超えて大きな利益を出す事はできませんが、同時に、大きな損失を出す事もないのです。

 

しかも、市場の予測は上がるか下がるかの二者択一で済むので、細かいチャート分析やテクニックなども、一般の株式投資などに比べれば必要ありません。
このため、投資を始めたばかりの初心者向け商品とも言われています。

 

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションとは、その名の通り、一般の株式投資やFXとは違う、オプション取引の一種です。
それでは、オプション取引とは、どのようなものなのでしょうか。

 

オプション取引とは、「ある物を、ある金額で、ある日時に売買する権利」を売買する取引の事です。
つまり、商品そのものをやり取りするわけではなく、商品にまつわる権利をやり取りする事になります。
こうした金融商品の事を、デリバティブ(派生商品)と呼びます。

 

例えば、Aが「ある商品を、10万円で、1ヶ月後に買う権利」をBから1万円で買ったとします。
オプション取引を行うと、実際の決済日に次のような事が起こります。
1:商品の値段が、取引時の金額10万円より高かった場合
Bは、10万円より高い金額で、商品をAに売却しなければなりません。
Aは差額を利益として、Bは損失として受け取ります。

 

2:商品の値段が、取引時の金額10万円より低かった場合
Aは、商品を買っても利益が出ないので、権利を放棄。
Bは、約定価格の1万円を、そのまま利益として受け取ります。

 

この様に、基本となる結果が二つしかない金融商品が、オプション取引です。
バイナリーオプションは、これをさらにシンプルにしたものと言えます。

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ